きままな旅情報

「お得感」「お値打ち感」がある海外旅行をめざして

台湾 海外SIM

台湾でSIMを購入し使ってみた

更新日:

海外旅行に行く場合、現地で日本の携帯電話会社をローミングで使うより、現地のプリペイドSIMを購入したほうが安いく便利な場合も多くあります。SIMフリーの端末と、SIM購入手間も必要になりますが、簡単にSIMを購入できる台湾の体験をレポートします。

空港でのSIM購入

台湾最大の空港である台北桃園空港には、入国審査の手前と、税関を追加した到着ロビーに通信会社各社の売り場があります。筆者は、入国手続きの列が気になったので、先に入国してから、到着フロアにある中華通信でプリペイドSIMを購入しました。

通信会社のカウンターは並んでおり、どの会社も価格的には大きな差はなかったので、一番の大手と言われている「中華通信」を選びました。カウンターに行くと、プランのリストを見せてられるので、購入したいプランを指さすだけでOKです。プランの違いは、有効日数と通話料金のチャージの差なので、予め中華通信のサイト(※)プランを確認しておき、自分の旅行日数に合わせて選ぶと良いでしょう。

筆者は4泊5日の旅程だったので、5日間有効で通話料NT$50込み、パケット通信無制限のプラン NT$300(約1200円) を選びました。お得感のある値段ですが、クレジットカードは使えず、両替したての現金(台湾元)で払うことになりました。入国前のカウンターは分かりませんが、クレジットカードが使えるなら先にSIMを買うのも良いかもしれません。

手続きをすすめていると、店員に、SIM Free? と聞かれ、Yes  と答えると、端末を出して渡してほしい言われます。端末を渡すと、目の前で適切なサイズのSIMカードをセットしてくれます。私が出したFreetel Samurai 極は、Dual SIMなので、店員が迷っていたようなので、SIM1スロットに入れてくれと伝えました。ちなみに、もう一方のスロットには、日本国内で購入できる Hello SIM (そのうち記事を書く予定)を入れてました。

動作確認

特にAPN設定も必要はないのでそのまま使えるはずですが、できれば、その場で通信できるか確認したほうが良いです。

というのは、筆者は急いでいたので、すぐに台北に向かうバスに乗ってしまい、バスの中でいざ使おうとしたらSIMを認識してませんでした。何度か、端末を再起動させたり、SIMカードを出し入れしたりしても、変わりません。仕方がないので、もう1台持っていた、Moto G4 に入れると問題なく認識できたので無事使えました。

ちなみに、Moto G4 は、DSDS(Dual-SIM、Dual-Stanby:同時待ち受け可能)なので、たとえば、一方のスロットにドコモのSIMを入れて日本の電話番号への電話を着信し、もう一方に中華通信のSIMを入れて台湾の番号の着信とデータ通信で使う、ということができるのでおススメです。

通信速度

速度測定をするのを忘れたので測定データはありませんが、体感的には通信のストレスは全く感じず、GoogleStreetview や、youtube はストレスなく動いてました。また、テザリング経由でも、問題なく使えていました。電車やバスで移動中に、次の移動や町の情報を調べたたり、B&Bで Line に写真を送ってもらったり、などとても旅行をより便利にすることができました。

(後日談)

中華通信のSIMを認識しなったFreetelの極ですが、帰国後に初期化してみたら、あっさり認識するようになりました。しばらく前のAndroidのバージョンアップの影響かもしれませんが原因は特定できていません。

(追記)

(※)中華通信の商品の日本語ページのリンクが切れたので、本家の中国語のページにリンクしました。

-台湾, 海外SIM
-, , , , , ,

Copyright© きままな旅情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.